隙間なく並べよう

steam,フリゲー問わず。マイナー良作ゲーとおもろいクソゲーをメインで紹介。

本ブログの趣旨

ゲームはおしなべて「クソゲー」であることに基礎づいている。

あらゆるゲームの先祖であるPONGはどう見てもクソゲーだし、

スーパーマリオブラザーズだってクソゲー

Half-Life2だってクソゲーだし、

Battle Fieldシリーズだってクソゲーばっかりじゃないか。

 

ゲームプレイには、そんなことしていても何の甲斐もないのに、

何かやっている気になれるという性質がある。

ゲームの良さはゲーム自体によっては語れない。

そのクソゲーを作るのに何千時間をも費やした馬鹿どもや

そのクソゲーを遊ぶのに何百時間をも費やす馬鹿どもの存在価値によって、

ゲームの価値をかたることができる。

 

PONGのようなくそうんこゴミゲーをはじめて動かすために

開発者たち(馬鹿)がどれだけの苦労を擁したか。

一般にクソゲーと足蹴にされるゲームのほんのイチドットに、

製作者たち(アホ)がどれだけの苦労を擁するか。

どうしようもないクソゴミゲーだとわかっているのに

FPSやめられないんだけどなやつらがどれだけの熱意を費やしてしまったか。

ゲームの価値はゲーム自体の価値ではかるより、

ゲームがどう働いたかに見出すほうがより現実でのゲームの評価に近づくはずだ。

 

という視点で、頑張って作ったのに誰にも遊ばれなかったり、

適当に作ったのにまあまあ受けたりするゴミクソゲーを紐解いていこうとおもう。